ウェイクアップ・コール 並木良和 メールマガジン Vol.3_20150910号

ウェイクアップ・コール 〜本来のあなたに目醒める道標(みちしるべ)〜

並木良和 メールマガジン

Vol.3_20150910号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「地球は 今 新たな局面を迎えています☆」

今月 4日〜10日まで アメリカはアリゾナ州 セドナに行って来ました。   大分前になりますが、芸能界でも あるカップルがお忍びで訪れた と話題になった 世界有数のパワースポットでもあります。

僕は 6年前の2009年に一度訪れていたのですが、その頃とはエネルギーも大分違っていて より宇宙のエネルギーが強くなっていました。

9月3日を境に 本格的なアセンションにおける流れへの切り替わりが起きていますので(アクエリアス時代=水瓶座という女性性・精神性・霊性を重視する時代への本当の意味での移行) ある意味 当前でもあるのですが、セドナの4大ヴォルテックス(エネルギーが渦巻き状に噴出するパワーポイント)の内の2つ「カセドラル・ロック」,「ベル・ロック」 そして 裁判所の意味を持つ 「コートハウスビュート」が アセンションに向けて 本来の働きを活性化させました。   この3つのヴォルテックスは 特にアセンションの為のエネルギーを保持しているのです。

ところで セドナという地に訪れることは、アセンションにおけるイニシエーション(通過儀礼)であると言われています。

もちろん この地を訪れなければアセンション出来ない ということはありません。  でも それだけ 特別なエネルギーを持つ土地であるということです。

そんな中、今回の旅では 僕のガイドたちから 訪れるようにとのガイダンスがあった場所と それを巡る順番を受け、高い周波数のエネルギーを統合して来ました。

初日は 夜に宿に到着の為 夕飯を食べ、翌日に備えて眠りに就きました。   すると明け方 5時頃 足元に何かの気配を感じ目を覚ましました。   誰だろうと そこに意識を向けると、ネイティブ・アメリカンの女性が 僕の方を向いて立っているのです。   後ろに黒い髪の毛を一本の三つ編みにした 小柄の女性でした。

彼女に話しかけると、名前を「マヤン」と言い 僕のガイドとして 今日から加わってくれると言うのです。   これから巡る ヴォルテックスで どのようなワークを行っていけば良いかを その都度 教えてくれるとのことでした。

そのガイダンス通り、ヴォルテックスや そこに至るトレイルコースでは 必要なワークの方法や その場所の本来の意味や 最大限のエネルギーを受け取る方法を教えてくれたのです。

ここでは書ききれない程の出来事が沢山ありましたが 一つだけエピソードをお話させて頂きたいと思います。

友人たちと 最後の締めとして登るように言われた「エアポート・メサ」という 4大ヴォルテックスの一つに行った時のことです。

その一帯は アセンデット・マスターである セント・ジャーメインが司っているのですが、彼が 手放す準備が整っているカルマや 感情 そして思い癖などの古いパターンを 彼の「紫の炎」で浄化し癒すサポートをして下さる とのことで、瞑想のワークを教えてくれました。

頂上で 言われた通りに瞑想をしていると、頭上に虫が飛ぶ気配を感じました。   暫く それが続いていたのですが、気にせず瞑想していたのです。

自分に光の柱を立てるワークが終わったあと、早く瞑想を終えた友人の一人が 瞑想中の僕を見ていた時に起きていたことを話してくれました。

僕が 深い瞑想に入っていく時に 感じていたのはトンボで、そのトンボが 僕の頭の上を くるくると旋回していたと言うのです。

トンボは ネイティブ・アメリカンの間では 特に霊的な意味を持ち、「深いレベルの変化」「勝利」「勇気」「力強さ」を表しているそうですが、そうして 宇宙は ちゃんとサインを送ってくれたのです。

友人も 自分にとって 深い意味のあるイーグルが、不思議な動きを通してサインを送ってくれたのを確認していました。

こうして 本当に充実した アセンション・コースとも言うべき行程を終了したのですが、それと同時に 本格的な変化が この惑星にやって来ることを痛感しました。

ずっと お話して来たことですが、2012年の アセンションへのスタート地点を越え 約3年程の「猶予期間」を経て、今月 9月から本格的な次元上昇へと 地球は加速化して行くことになります。

28日には スーパームーンと皆既月食が重なりますが、その時 エネルギーが非常に高まり 地球は本格的に波動を上げ始めるでしょう。   それに伴い これも 以前からお話している「二極化」が加速することになるのです。

こうした流れの中 大切なのは、自分に素直に正直にあること つまり ありのままの自分でいることです。   生活のあらゆる面を 出来るだけシンプルにしましょう。

拙著の中でも お話している「こひしたふわよ」に従って下さい。   つまり「心地好い」「惹かれる」「しっくりくる・スッキリする」「楽しい」「府に落ちる」「ワクワクする」「喜びを感じる」という、「自分にとって正しい道」を教えてくれる 心のナビゲーションシステムに従って行動して下さい。

すると人間関係でも 仕事でも 持ち物でも、複雑さが削ぎ落とされ どんどんシンプルになって行くのがわかるでしょう。

もう 人に合わせて 本当の意味で 自分の人生を生きない生き方を終わりにしていく時です。   この大きなターニングポイントから数年 つまり 2018年頃までには、ポジティブな人生を選択した人と ネガティブな人生を選択した人とが 本当に交われなくなります。

あなたは 本来の自分の可能性を生きる為に 生まれて来たのであって、誰かに合わせて その自分を押し殺したり 誰かの期待に応える為に生まれて来たのではありません。

あなたの人生は あなたのものであり、あなたは幸せになる権利と その力を既に備えています。   そうであれば 自分を幸せにすることこそが 自分に課せられた責任と思って、しっかり 自分の面倒をみて下さい。   自分を ちゃんと大切にしてあげて下さい。

あなたが 本当の意味で満たされた時、他に与えてあげられるものが どれだけ多いかに気づくことでしょう。

そして もし この記事を読んで「セドナ」に惹かれたなら あなたも この地に呼ばれているのです。   是非 新しいエネルギーに満ちたセドナに行かれ、大きな変容の旅を体験されて来て下さい。   全く新しい自分が そこに待っていますよ(^-^) ☆なみき☆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆♡☆ My favorite・・・ ☆♡☆

二回に渡り 僕の好きな「物」を お伝えして来ましたが、今回は 形ではない「もの」・・・「夢」を挙げたいと思います☆

夢は 3次元密度を越えて 高い意識と繋がる次元でもありますので、今の自分に必要なメッセージを受け取る事もできるのです。

だからこそ 夢は面白くて 僕は好きなんですね!

例えば「明晰夢」というものがあるのですが、通常 夢を見ている時には それが夢だとは気づかないですよね? でも この明晰夢の状態は、夢を見ている という意識を持ちながら 夢を見ることができるんです。

そうすると 夢の中で自由に行動できるので、そこで会いたい人に会ったり(既に亡くなっている人とも)、やりたいことをしたり、なりたい自分になったりと 自由自在に行動できるので 本当に楽しいんです。

それだけではなく ガイドからアドバイスをもらったり、何か発表会等があれば その状態で練習し 上達することもできますし、現実レベルで具現化したい物事を設定することもできるのです。

言い方を変えれば 夢の次元で遊べる訳です。   その為には 先ず 夢に関心を持つことが大切で、最初は「夢日記」をつけると良いでしょう。

朝起きたら すぐに布団から起き上がらずに、暫く静かにしていて下さい。   そして 夢の断片を思い出すようにしましょう。   始めは それだけでも構いません。

例えば 友達のAさんが出て来たとか、映像を思い出せなくても 暗かった,明るかった、気分が悪かった,良かった、という感覚でも大丈夫です。   それを メモする習慣をつけて下さい。

すると 段々 夢を覚えている量が増えて来るのに気づくでしょう。   一つキーワードを思い出すだけで 芋づる式に夢の記憶が出て来るようになります。

こうして 夢の記録を取ることは、天使やガイドたちとのコミュニケーションにもなるのです。   何故なら 彼らは夢を通して 僕たちにメッセージを送ってもいるからです。

書き留めておく利点は こうして 僕たちが書いているのを彼らは後ろで見ていて、もし 違った捉え方をしていれば また他のストーリーや内容で 夢を見せてくれるようになることです。

さて 話が少しズレましたが、夢に親しむ習慣がついたら 寝る前に 心の中で「私は 次に夢を見た時に、それが夢であることに気がつきます。」と 何度か宣言してから眠るようにしてみて下さい。

特に 二度寝というのがありますが、夜中や明け方に目が覚めて もう一度寝る時なんかは 明晰夢を見やすくなりますので、根気強く試してみて下さいね!

これは 本当に面白いですよ☆   大学生くらいの時でしょうか・・・僕は その当時 好きだった芸能人に会いに行ったのですが(笑) ふと気がつくとテレビ局にいて、中に入っていくと ベンチに腰かけていたので 思う存分 話して楽しかったのを覚えています。

また 前日 見た夢の続きをどうしても見たくて 翌日 その続きから見たり とレパートリーに富んでいます。

あ またまた 話がズレましたが(笑) とにかく上記にあるように 夢は様々な用途に使える 便利なツールですので 是非活用されてみて下さい。

夢は太古の昔から 啓示等 特別な意味を持っていて、部族の大事な決定にも それは使われていたのです。

あなたも 今夜から夢の次元でも 存分に遊び そして 学んでみませんか?   こうしたことに慣れてくると やがて僕たちは 夢だと思っていた次元が「本当」で、現実だと思っている夢から覚めた次元が 実は「夢」であったことにも気がつくようになるでしょう。

実際 僕は夢の次元でもワークショップを開いていて、クライアントさんの中には 自分も そのワークショップに参加した「夢」をみていて内容はこうでした と語るものを 正に教えていた、という事がありました☆

それでは 夢の次元で お逢いしましょう(^_-)-☆ 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

-新企画登場-

?!?!質問コーナー!?!? 

並木良和メールマガジン読者のみなさまより寄せられたご質問の中から並木自らお答えさせていただくコラムです。

日常でふと気になったことや普段からの疑問など、みなさまからの質問を受け付けております。(※コラム末尾参照)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

このコーナーでは メルマガの読者の方から頂いた ご質問にお答えさせて頂きたいと思います。

少しずつ ご質問が集まって来ましたので いよいよ始動です(^-^ゞ

僕の本の読者の方でもありますが・・・

「さとりに関する本を他にも色々読みました。筆者の皆さん、元々霊感、スピリチュアルな感性をお持ちの方ばかりの様に思います。私は、そのような感性を持っておりませんが・・・統合、目を醒ます事は出来るのでしょうか? お聞かせ下さい。よろしくお願いします。」

との ご質問でした。

さて 結論からお話してしまえば、さとることに 霊感もスピリチュアルな感性もいりません。

何故 そうした本の著者の多くが 霊能力を持っているのかと言えば、その感性を通して 物事の本質を看破したり また その教え(方法)を高次元の存在から受け取っているからです。

もちろん 事故などの衝撃で 潜在している能力が開かれ、以降 チャネリングの才能が開花し 叡智を受信し始めるケースもあるでしょう。

いずれにしろ 彼らは そのような お役目を持ってもいるのです。   そして 一度 そのような教えが降りて来たなら、どの教えに惹かれるのかを頼りに あとは実践あるのみですね!

ただ さとりへのプロセスを行っていく中で、各自に潜在している霊感やスピリチュアルな感性が開いて行くのも ある意味 自然な事で、これらは 元々 霊的な存在である僕たちの本質でもあるのです。

何故なら 僕たちが肉体を持たず 霊体で存在していた時には、肉体的な口がない為 テレパシーで話し 肉眼がないので 霊的な視覚で関知する、いわゆる霊視が そのコミュニケーションの基本であったからです。

さとりとは「本来の自分」を思い出し、自分とは どれだけパワフルで自由な意識なのかに気づく事なのです。   つまり 新しい何かになるのではなく、単に 懐かしい自分に戻るだけなのです。

元々が霊的な存在である僕たちは ただ それに気がつきさえすれば良いのです。   さとりとは 自分が思っているより 案外 近くにあるんですよ!   特別視せず もっと自分に自信をもちましょう。

さとりに関心があるなら、あなたは間違いなく「その道」へと導かれています。

どうぞ楽しみながら探求されて下さいね!   いつも 従うべきは 自分の心の声ですから(^-^)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

皆様からのご質問を常時受付中です。(※個人的過ぎ他者が共有しかねることや並木本人への私的な内容を除く)

質問はこちらまで

info@yoshikazu-namiki.com

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

∞∞∞∞∞ APIROS —School for Ascension—10月12日(祝月)ワークショップ ∞∞∞∞∞

☆●☆●☆ 10月のワークショップのご案内 ☆●☆●☆

冒頭でも お伝えした通り、今 地球は 新しい局面を迎えています。

関東にも 大きな被害をもたらした雨や 東京湾を震源とした地震など 3日以降の変化の流れの中 様々なことが起きていますが、これは日本に限ったことではなく 世界中で何らかの変化が起こっていることでしょう。

もちろん 不安になったり 怖れたりする必要はなく ただ変化のプロセスにあるだけで、その先には ポジティブな流れが待っています。

僕自身 この変化の中 3日〜28日までの間に セドナ・ニューヨーク・滋賀・三重 と 地球の変容をサポートする為のお役目を 高次元の存在たちから受け、14日からは ニューヨークに入ります。

そして 28日以降は いよいよ この惑星の アセンションに向けた本格的な移行が始まりますが、その時に必要なのは 僕たちが 自身の周波数を 5次元以上にどれだけ高めることが出来るかなのです。

自分の周波数を上げることで 他の周波数を上げるサポートになり、地球に住む僕たちや 動植物が軽やかになればなる程 地球の変容は よりスムーズなものとなり、それは 僕たちにとっても望ましいことではないでしょうか?

お話して来ておりますように、2015年〜2022年くらいまでが この惑星の大きな浄化の時期に入りますので、その出方を出来るだけ小さく よりスムーズに速やかなものとなるよう 高次元の存在たちは 様々な情報やツールを提供してくれてもいるのです。

さて これまでのワークショップでも 自身の周波数を上げる為の 様々なワークを行って参りましたが、変化が加速している今 降ろされるワークの方法も エネルギーも それに合わせて どんどん変化して行きます。

より効果的なワークを行うことで 自身の周波数を5次元に安定化させることが出来るようになると、人生のあらゆる面(人間関係・経済・健康など)が 豊かにスムーズに進んで行くことにもなります。

それが「5次元の自然な流れ」だからです。   簡単さがナチュラルな状態であり、複雑さは 本来の僕たちの在り方から観たら 不自然なのです。

地球がこれから 5次元に安定しようとしている中、スピリチュアルな学びを深めながらも また 波動を上げながらも 人生がスムーズに進まない時、それは 本当の5次元化を起こしてはいないのです。

統合のクラスでも お話しているように、5次元の流れにある時には 物事がシンプルにスムーズに進み、何かを望むと それに必要な情報や人や状況が 一番 良い配置に ストンストンと入って来る・・・つまり 目の前に現れるようになるのです。

アセンションとは 特別なものでも何でもなく、本来 僕たちは神聖でパワフルな存在である ということを憶い出すことに他ならないのです。

だからこそ 自分が自分の人生の主人公であることに気づきながら、望む人生を 自らの意識で創り出すことが出来るようになるのです。

今回のアピロスからは 新しい流れの中 アセンションに向けて より深いワークに取り組み始め、回を進める中で より高度なワークへと進んで行くようカリキュラム化して行きます。

もちろん こうした学びが始めての方も また これまで深めて来られた方も どちらも 今から学んで頂けますので ご案内を読まれて惹かれた方は 是非 この機会に 学んで頂けたらと思います☆

大天使たちやユニコーン そして沢山のエレメント(精霊や妖精)たちが 地球の変容をサポートしてくれています。   また ドラゴンたちは 僕たちと親しい友人になることを望んでいて、今という時 5次元のゴールデンドラゴンが、僕たちをサポートし保護する為に この惑星にやって来ているのです。

言い方を変えれば 僕たちは 天使界から 愛され・守られ・サポートされるという、素晴らしい時代に住んでいるのです。

そんな中 ワークショップでは レディー・ガイア(地球を司る 9次元の周波数を保つ 女性性の意識体)と 僕たちの魂を繋ぎ、各自が今世 生まれてくる前に決めて来た テーマや役割を思い出すワークや、彼女と繋がり 自身の周波数を上げ 共に進んで行くワーク。

9次元の周波数帯域まで 周波数を上げている ユニコーンと繋がり、アセンションの為に必要な調整を 3次元レベルの7個のチャクラではなく 5次元レベルの12個のチャクラに働きかけ バランスを取り より輝かせることで アセンションの為の準備を行ったり、カルマ的な傷を手放すことや 魂の使命を後押しするワーク。

マカバという 自身のエネルギーフィールドに存在する アセンションの為に必要なエネルギーを 、12個のチャクラに必要な準備を整えることで 5次元化させるワーク。

僕たちは 誰もが 肉体の他に 感情体・精神体・スピリチュアル体というエネルギー体を含めた 4つの身体システムを持っていますが、それを 大天使メタトロンと共に アセンションに向けた活性化を行うことや 12層のDNAを活性化させること、そして アップダウンするのではなく 5次元の周波数を 日常 保ち続ける為に メタトロンの光のエネルギーを使うワークなど、その他にも アセンションに向けて 沢山のワークを行っていきたいと思っています。

もう 今までの「古い地球の生き方」を手放し、本当の意味で 自由に 豊かに 幸せを感じながら 思う通りの人生を生きることの出来る 本来の自分のパワーを取り戻したい と思う方は どうぞ学びに来られて下さい。

宇宙は 肉体を持ったまま アセンション出来るという かつてない程の機会に恵まれている今、沢山のサポートやツールを与えてくれています。   その招待状を 是非 受け取りに来られて下さい(^-^)

詳細

http://www.yoshikazu-namiki.com/school-for-ascension-20151012/

●日時

2015年 10月12日(月・祝)

10時〜17時(受付 9:40〜)

●場所

「山崎製パン企業年金基金会館」

URL:

http://m.travel.rakuten.co.jp/portal/i/i_jyouhou_page.main?hno=30686&pin=&uid=NULLGWDOCOMO (千葉県市川市 JR総武線 市川駅より徒歩2分)

●料金:17,000円

※昼食は 近隣の飲食店をご利用ください。会場内では召し上がれませんのでご注意ください。

●募集人数:60名程

●お申し込み方法:メールタイトルに「10/12 WS申し込み」とご明記の上お名前とメールアドレス、お電話番号を明記してお申込みください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆●☆●☆ information ☆●☆●☆

1.APIROS -KIDS-(アピロスキッズ) 2015 Oct. 10月11日(日)ワークショップとパネルディスカッション、同時開催。

並木良和が子供たちと共にワークショップを行います。その名もアピロスキッズ。今年から始めましたAPIROS —School for Ascension—の新たな試みとして、第1回ワークショップを東京・五反田にて開催いたします。

ワークショップの参加対象は小学生を中心に考えておりますが、これからお母さん・お父さんになる人、まだ歩けないベビー達とパパ・ママ、ちょっと上のお兄さん・お姉さん、教育に携わる方々含め、ご興味を持った方々に広く参加・見学して頂ければ幸いです。気楽な会場で一緒に楽しみましょう!

午後は、質疑応答を中心としたパネルディスカッションをボディートーク施術士の西影ふみえ氏、発達障害カウンセラーの吉濱ツトム氏と共に鼎談形式で行います。子育てや教育関連だけでなく、幅広い内容を事前に受け付けますので奮ってご参加ください。

http://www.yoshikazu-namiki.com/apiros-kids-20151011/

2.APIROS(アピロス) 2015 スピリチュアルツアー in HAWAII -OAHU- 満員御礼

8月よりメールマガジン読者様にお知らせさせていただきました APIROS 2015 スピリチュアルツアー オアフ島の旅はおかげ様で満員となりました。現在キャンセル待ち枠で若干名募集をさせて頂いております。今回ご都合が合わずお申込みできなかったみなさまにもご参加頂けますよう、次回企画も予定しております。乞うご期待ください。

詳細は以下のサイトをご覧ください。※メルマガ読者限定の為、こちらは閉鎖しております。

3. 10月4日(日) 大阪ワークショップ 残席わずかにあります

10月4日日曜日に開催される、大阪でのワークショップ。大変ご好評を頂き本当にありがとうございます。皆様の声にお応えさせていただき会場の調整をいたしました。9月13日現在、若干名空きがございます。初めての関西地区でのワークショップ。お近くの皆様のお越しをお待ちしております。

http://www.yoshikazu-namiki.com/school-for-ascension-20151004/

4. 公式ホームページ 英文ページも更新しています

春にオープンしましたた並木良和ウェブサイト。ワークショップ情報などの他に『読み物』としての機能を高めていきたいと考えています。著書のなかからの抜粋英訳は和文と対にしてご覧頂くと、英語の勉強にもなり、理解も深まりますのでおすすめです♪ 

http://www.yoshikazu-namiki.com/enlightenment_en_002/

並木良和の最新情報はこちらをチェック!!

Activities 活動紹介

http://www.yoshikazu-namiki.com/activities/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

最後までご覧いただき本当にありがとうございました m(__)m 

次回のメールマガジンのご送付は11月10日頃の予定です。

メールマガジンについてのお問い合わせ・ご要望などはこちら

メールマガジンに掲載する並木への質問も(※個人的過ぎ他者が共有しかねることや並木本人への内容を除く)受付をしております

mail:  info@yoshikazu-namiki.com

http://www.yoshikazu-namiki.com

並木良和 / Yoshikazu Namiki  website

Copyright 2015 © 並木良和 /Yoshikazu Namiki All Rights Reserved.